人生を楽しめる人間に。

社会に通用する大人に。

当教室は「強ければいい」「試合に勝てればいい」という指導はしておりません。

空手の教室は、「素敵な大人になるための技術を学ぶ訓練の場」です。

 

以下のポイントを中心に指導をしています。

 

◆「挨拶、返事、あとしまつ」ができる

⇒挨拶は勇気、返事は自信、あとしまつは責任感の証だと考えます

 

◆練習に集中できる、正座をしてじっとしていられる

⇒空手だけでなく、学校の授業に対する姿勢、家族でご飯を食べる時、

社会人になってからの様々な場面で

「今、この瞬間を生きる」ために重要なスキルです。

 

◆周りのことを考えられる

⇒毎日、ご飯を作ってくれるのは誰でしょう。

ポイッ!と部屋の隅に置いた靴下は誰が片づけてくれていますか。

練習の時は、帯や年齢に関係なく一緒に稽古をします。

「隣のあの子ができないから、一緒にやりたくない」は成長が中途半端な証拠。

当教室では、色帯になったら5歳のキッズにも、前に立ってお手本をやってもらいます。

小学1年生の先輩がミットの持ち方を伝えたり、並び方を教えてあげる機会を作ります。

 

 

もちろん、集中力が伴い心身ともに鍛えられた上で、試合に興味のあるお子さんは、

大会への出場を全力で応援します。

 

当教室に通う方は99%が空手未経験。

国内外でこれまで600名を指導してきた経験豊富な女性の先生が、丁寧に指導します。

先生の紹介はこちら

引っ込み思案 人見知り 怖がりさん 目を見て話せない

体験・見学の時点で稽古に参加できなくても大丈夫。

いきなり怒鳴ったり、無理やり参加させることはありません。ご安心ください。

(大きな声を出す稽古にびっくりして、泣いてしまう子や道着を着るのを嫌がる子もいます。)

最初は怖がっていた子も2~3回目の稽古で、少しづつ慣れていきます。

「技術ができない」「動きについていけない」ことで叱ることはないですが、

「稽古に集中する」べきことはきちんと伝えていきます。

他の子と比べるよりも、その子のペースを大事にします。

じっとしてられない 集中力を鍛えたい 礼儀作法を身に付けたい

「挨拶、返事、あとしまつ」をモットーに、まずは挨拶から始めます。

挨拶は目を見て、言った後は一秒止まって…は、意外になかなかできないもの。

また、楽しい稽古と厳しい稽古でメリハリをつけて、集中力を伸ばします。

3歳半、4歳、5歳のリトルキッズたち

この年齢の子供たちの集中力は5分から長くて10分までと言われています。

最初は「大きな声で挨拶」と「座ること」を目指します。

稽古内容はジャンプや足上げなどの基礎体力を中心とし、

空手の技術は「できる」ことよりも「できた喜び」や「集中力」に重きを置いて

指導しています。

98%が初心者から始めています

当教室に通う方は95%が空手未経験。これまで600名を指導してきた経験豊富な女性の先生が丁寧に指導します。楽しさと厳しさを盛り込んだ稽古を特徴。

詳しい先生紹介はこちら

 

2018年2月末より

18:00スタートのクラスを増設!小学生から大人まで参加できます。

清潔感のあるスタジオ

2016年7月OPENのヨガスタジオBONNEさんのスタジオをお借りしています。天井が高く、教室の2面が窓と鏡!!外の光が教室いっぱいに入ってくる、広くて綺麗な環境で汗を流そう♪♪♪